Welcome!


2017.06.01 所属が変わりました!

2017.11 所属している生き物・学び・研究センターのHPがリニューアルしました。http://www5.city.kyoto.jp/zoo/crew


 

2019.08 Zoo Biologyにキリンの睡眠関連行動に関する共著論文掲載。

 

2019.09 雑誌モンキーに第14回国際環境エンリッチメント会議の報告を執筆。

 

2019.11 動物の行動と管理学会誌にトラのエンリッチメントに関する共著論文掲載。



山梨 裕美

 

京都市動物園 生き物・学び・研究センター 主席研究員

博士(理学)

京都大学野生動物研究センター 特任研究員

飼育下の野生動物を対象に動物福祉に関する研究をしています。

 

動物園など、わたしたちの身近にたくさんの野生動物が暮らしています。そこでくらす動物が心も体も健康に暮らせるような環境を整備するための基礎的・応用的な研究をチンパンジーやスローロリス、その他の動物を対象におこなっています。


その中でも飼育下で形成される社会関係が動物の福祉や行動にどのような影響を与えるのかということに関心をもっています。特に、社会的な関係性が中長期的に与える影響や、個体から個体への文化行動の伝播、個体間の緊張をどのように緩和するのかなどに興味を持っています。

 

また、動物園などで動物福祉を向上させるための具体的な方策〔環境エンリッチメント〕や動物福祉の評価方法などについても研究をしています。


現在の主な活動場所は、京都大学野生動物研究センター熊本サンクチュアリや京都市動物園、日本モンキーセンターなどの動物園です。