Welcome!


2017.06.01 所属が変わりました!

2017.11 所属している生き物・学び・研究センターのHPがリニューアルしました。http://www5.city.kyoto.jp/zoo/crew


 

2018.10 動物園水族館雑誌に日本の動物園のチンパンジーの行動調査に関する報告掲載。

 

2018.11 岩波書店『科学』特集号にスローロリスの取組について寄稿。

 

2018.12 日本モンキーセンター『モンキー』にツシマヤマネコについて寄稿。



山梨 裕美

 

京都市動物園 生き物・学び・研究センター 主席研究員

博士(理学)

京都大学野生動物研究センター 特任研究員

飼育動物の福祉向上のための研究をしています。

 

動物園など、わたしたちの身近にたくさんの野生動物が暮らしています。そこでくらす動物が心も体も健康に暮らせるような環境を整備するための基礎的・応用的な研究を主にチンパンジーやその他霊長類を対象におこなっています。特に、飼育下で形成される社会関係が動物の福祉や行動にどのような影響を与えるのかに関心をもっています。そのため最近では物理・社会環境が行動や内分泌動態に及ぼす影響に関する研究、社会環境における動物の行動習得に関する研究、さらに動物園などでの環境エンリッチメントなどに取り組んでいます。

現在の主な活動場所は、京都大学野生動物研究センター熊本サンクチュアリや京都市動物園、日本モンキーセンターなどの動物園です。